人気お名前スタンプについて

人気商品ご紹介!

 

ル・クルーゼとストウブ

ル・クルーゼを語るとき、しばしば引き合いに出されるのがストウブです。 ストウブ(staub)とはフランス・アルザス地方の調理器具メーカーのことで、黒い厚手の鍋「ピコ・ココット」が有名です。 蓋の裏に付いているピコ(突起)が、素材から出る蒸気を再び水滴化し、ふっくらしっとり仕上げる仕組みが特徴です。 丸型のピコ・ココットの他、楕円のピコ・ココット オーバル、上手に炊飯できるXOココット、マグレブ料理を作れるタジンなどがあります。 普通には売っていませんが、豚やカボチャ形のココットなどのレアアイテム、金ぴかやメタリックなどのレアカラーもあるようです。 鍋以外ではグリル、オーブン皿、テリーヌ容器、チーズフォンデュ鍋、ティーポットなど、いろいろなアイテムがあります。

ストウブの特長は、先述したように蓋の裏についた『ピコ』と呼ばれる小さな突起です。 加熱中、鍋の中で発生した水蒸気は蓋に当たり、水滴になります。 通常は蓋の裏に付いた水滴は鍋の側面を通ってまた下に落ちていくのですが、ストウブの場合は、このピコがあることによって、水滴がピコを伝ってまんべんなく食材に降り注ぎ、少ない水分でしっとり加熱することができます。 ごはんなどを炊いても、ものすごくおいしく炊き上がります。 一方、ルクルーゼの良いところは、内側の加工。 ストウブがザラッとしたほうろう加工なのに比べ、ル・クルーゼはツルツルとしたガラス質のほうろう加工になっています。 食材がこびりつきにくく、汚れも落としやすい、手入れのしやすさ。 また、持ち手が熱くなりにくいという特徴もあります。 ストウブは熱くて素手では持てません。

それぞれの特徴をまとめると

<ルクルーゼ> ・色のバリエーションが豊富で可愛らしい ・内面のホーローがツルツルとしたガラス質に加工されているため、食材がこびりつきにくく、汚れが落ちやすい ・別売りのスチーマー皿を使えば蒸し器にもなる ・ストウブに比べ、容量が若干大きい ・熱した状態で、冷たい水を入れたりするとほうろうにヒビが入ったりすることがある。 ・価格30,000円程度(ココット・ロンド22㎝) ・IH可

<ストウブ> ・蓋裏のピコ(突起)により、無水調理が可能) ・食材を炒めて冷たい水を注ぐなどしてもホーローが割れにくい ・ルクルーゼに比べ、底面と側面の厚みがあるため、ムラ無く全体から火が入る。 ・取っ手が熱くなるため、素手で持つ事ができない。 ・価格27,000円程度(ラウンド・ピコココット22㎝)  ・IH可

また、ル・クルーゼがかわいらしく女性的なデザインであるのに対し、ストウブは男性にも好まれるスマートなデザインであることも特徴です。