ル・クルーゼとは

ル・クルーゼ(フランス語:LE CREUSET)は、鍋などキッチンウェアの商標です。 また、ル・クルーゼの鍋そのものを指します。 フランス語で「坩堝(るつぼ)」の意味です。 ル・クルーゼの商標は日本ではル・クルーゼジャポンが保有しています。

1925年、北フランスのエーヌ県、フレノワ・ル・グランで創立。 機能的かつ美しいキッチンウェアを作ることをモットーに、さまざまな種類の鋳物ホーロー製品を発表し、世界的な人気を獲得しました。 現在ではワインオープナー「スクリュープル」など有力なアイテムを買収し、「キッチンからテーブルまで」をコンセプトに、テーブルウェアをトータルにコーディネートできるブランドに成長しています。 本社はフランス、エーヌ。

ル・クルーゼは、フランスLE CREUSET社が作る特殊な複数層ホーロー加工の鍋や食器をはじめ、ストーンウェア、シリコン・キッチンウェア、ウッドキッチンウェア、ワインアクセサリーなど、豊富なラインナップがそろっています。 ルクルーゼのホーロー鍋などの特長は熱が逃げにくく、焦げにくく、材料を入れても温度が下がりにくいといった長所を持っています。 ホーロー鍋とは、熱伝導の良い鋼にガラスの膜を張った鍋の事をいいます。 ガラスの膜を張る事を「ホーロー加工」と言います。

ホーロー加工の特徴は色移り、臭いが残りにくく、非金属の為、金属イオンの発生が無く、食材の味を変えません。 また多彩な色彩が出せ、美しく見え、錆びにくいという性質があります。 しかし、急激な温度変化、落としたりという強い衝撃に弱く、重いという短所があります。 ル・クルーゼの鍋も例外ではなく、非常に重くなっています。

とはいえ、ルクルーゼの鍋は素材の旨みを逃さず、デザインに優れているので、そのままテーブルに出すことができ、暖かい料理を楽しむことができます。 。直火はもちろんのこと、オーブン、ハロゲン、電気・電磁気でも調理可能です。

機能性に優れているだけではなく、ポップな色使いとデザイ ン性も愛されている秘密です。 熟練の職人によりひとつひとつを手作りで作られているル・クルーゼの鍋は多くの料理愛好家などに親しまれています。 母国フランスでは、家庭ではもちろんレストランでも使用されています。

世界60ヶ国以上の食卓を彩るル・クルーゼ。 国境を越えて広く支持される理由は、その国の料理文化に合わせて製品を開発しているからです。 もちろん、日本の食文化に合わせたシリーズもたくさんあります。

特殊エナメル仕様のホーロー鍋となっているため、キズや摩擦に強く、どんな料理にも対応可能です。末永くご使用頂ける良い商品です。インターネットからの商品のご注文は24時間受け付けております。是非ご利用ください普段のお料理を楽しくしたいお客様、当店ホームページでお気に入りのキッチングッズを見つけませんか?便利でかわいいキッチン用品を低価格で販売!ルクルーゼを選ぶならキッチン用品専門におまかせ。